HSP(ハイリー センシティブ パーソン)5つの対策

魅力発見コンサルタントの市川です。

心理学について勉強していると、ある言葉が目に止まりました。

その言葉は、今日のブログで取り上げる、HSP(Highly Sensitive Personの略)です。

HSPとは、アメリカの心理学者、エレイン・N・アーロン博士が、自身の敏感さと生きづらさを研究するために提唱した概念です。

特徴として、感受性が高い・繊細(傷つきやすい)・敏感・生きづらさを感じる、などがあげられます。

なぜ、私がHSPに目が止まったのかと言うと、自分にも当てはまるからです。

私の場合は、繊細・気を配り過ぎる・傷つきやすい・音に敏感・人ごみが苦手・一人でいる方が落ち着く、などがあります。

今までは、

AB型特有なのかな?
性格だから仕方がない

くらいしか思っていませんでしたが、HSPを知ったことで「自分だけではなかったんだ」と、安心した記憶があります。

アーロン博士によると、人口の15~20%。つまり5人に1人は、HSPの傾向があるようです。

HSP傾向のテストをインターネットで調べると、いくつかでてきました。
このブログでは、こちらのテストをご紹介いたします。 ➡ HSPチェック

私もテストをしてみましたよ。

結果は…50%でした。

でも、メンタル改善に取り組む前にテストをしていたら、かなりのパーセンテージだったと思います。

あなたは、どのような結果になりましたか?

以下は、私が考えるHSPへの対策です。

少しでも、参考になれば幸いです。

① 自己受容
良いも悪いもひっくるめて、自分を“丸ごと”受けいれてみましょう。

自分の長所より短所の方がよく思いつく方は、自分のよいところを積極的に探してみましょう。
もう一つの方法として、他人に自分の長所を聞いて、その言葉を素直に受け取ってみましょう。

そうしていくことで、自分という存在が今までよりも大切に(愛おしい)思えてくるはずです。

② 自己主張をする
ここで言う自己主張とは、言いたいことをズケズケ言う意味ではなく、建設的な意見として自分が思っていることを我慢せずに相手に伝えることです。

HSPの方は、内向的な性格の方が多いです。

そう書く私も内向的な性格で、以前は「これを言ったら、言い合いになり傷つくから止めておこう」と、言いたいことを抑圧していました。

しかしこれは、私の認知の歪みでした。

嫌なことは我慢せず、丁寧に嫌だと相手に伝えると、ほとんどの方は理解してもらえました。

我慢は体に毒、これくらいの認識を持たれて自分の考えを相手に伝えてみませんか?

もし、反論されて傷つくかも?と心配な方は、直接相手に伝えるのは避けていただき、紙(専用ノートでも可)に書かれることをお勧めします。

紙に書くメリットとして、気持ちの整理がつきますし相手に伝える練習にもなります。

③ 嫌われる勇気を持つ
5人に1人がHSPだとすれば、5人に4人はそうではありません。

人数で考えると、どうしようもありませんから、ある程度嫌われる勇気を持たれると気が楽になると思います。

マイノリティ(社会的少数者)であることを誇りに思えるように!が私の持論です^^

④ 自信をつける
自信をつける意図として、HSP傾向の方は、よく他人と比べてしまったり、承認欲求(他者から認められたい欲求)が強いと思うからです。

あなたは、いかがですか?

もし当てはまるようでしたら、何かこれだけは自信があることを追及していただいたり、増やしていただきたいです。

もし何も思いつかない場合は、ゲーム感覚で実績(〇〇回行えば自信がつく)を積み上げられることをお勧めします。

⑤ 適度に力を抜く
いい意味で、がんばらないことです。

これは、体をコントロールしている自律神経の視点から見ても、がんばり「過ぎる」と体の不調が起きやすくなる(例:自律神経失調症)ことから、自分に優しい選択です。

無理をしない・完璧を求めない・こうあるべきだと決めつけない・悩みを一人で抱え込まない。

これらも、力を抜く工夫です。

以上が、HSPの5つの対策です。

説明が長くなるとややこしくなるため、もし、あなたがHSP傾向で生きづらさを感じるようでしたら、前述した5つの対策をあなたなりに追究してみてください。

もし一人では難しそうであれば、心の専門職のサポートをご検討ください。

きっと、「生きやすさ」を実感していただけると思います。

今日のところはここまで。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

魅力発見コンサルタント
市川 猛

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。